テーマ:総経理

第84回 ポパイ総経理の誕生 その2

 ポパイ総経理の仕事ぶりはいかにと思うのですが、これが意外や意外、なかなかの総経理ぶりに驚きました。おしぼり総経理のときは意味不明の日本語でいろいろと話しかけられて少しうっとうしい感じがしましたが、ポパイ総経理は日本語が全然分かりませんので、すべて私とハンに任せてくれるため、ずっと働きやすくなりました。  また、おしぼり総経理はお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第83回 ポパイ総経理の誕生 その1

 おしぼり総経理が中国を去る前に、おかしな言動がありました。突然私を呼びつけて、これからあんたは香港で住むようになると言うのでした。中国大陸での営業は二人もいらないので、一人は香港の客先回りをする必要があり、香港に住むのが便利。あんたはこれから香港で住むことに決めたからと言うのでした。  突然のことで、何を言っているのかさっぱり理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第67回 おしぼり総経理の解任 その2

 ある日、おしぼり総経理が任期を終えて台湾に戻り、副総経理が総経理に昇格するということが正式に発表されました。しばらくしてから、おしぼり総経理は台湾へ去ってゆきましたが、今その時の状況を思い出そうとしても印象がありません。私が外出先から戻ったら、もうおしぼり総経理はいなかったというような感じでした。  ハンが言っていましたが、去る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第66回 おしぼり総経理の解任 その1

 おしぼり総経理にとって中国は天国でした。給料は台湾時代の1.8倍プラス3ヶ月毎の特別賞与、使い放題の接待費、自分専用の携帯電話(この当時、携帯電話は大変高くて、総経理クラスしか持てなかった)、自分専用の車(運転手付き)、それから秘書(夜の世話もしてくれることになりました)。会社では誰も彼に反対するものはいません。すべて彼の意のままです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第63回 総経理の人選 その3

 品質管理の一介の課長が、一夜にして総経理になるということはどんなことなのでしょうか。  総経理というのは、会社社長のことですから、会社員だったら誰でも一度は自分も社長になってみたいと夢見るのは当然のことです。それが一夜にして実現するとなると、普通の人間だったら、その責任の重さに思わず後ずさりをするのですが、この課長ときたら、厚か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第62回 総経理の人選 その2

 それでは、ここで初代総経理のお話をしてみましょう。実はこの初代総経理が、数年後に再びこの会社にカムバックして来るというのをすこし頭に入れておいていただければ興味がつきないかと思います。  さて、1993年の会社設立という一番しんどい時に、オーナーといっしょに中国にやって来たのは、やはり同じ親会社でオーナーが最も信頼する部下の、次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第61回 総経理の人選 その1

 今回は我が社ではどのような経緯で総経理が選ばれていったのか、お話してみます。  我が社の歴代の総経理は台湾の親会社の社員の中から選ばれ、中国の会社代表の要職に就くのですが、おしぼり総経理はというと、もともとは台湾の親会社では品質管理の課長にしか過ぎませんでした。  1995年の末に総経理職を請われて中国にやって来ましたが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第16回 おしぼり総経理

 折角、日本人が入社したのだから、日系の客先をどんどん訪問して、新規製品を獲得しろとオーナーから厳命が下り、カラオケ専門の総経理はしかたなく私を引き連れて、客先を回ることになりました。  うちの総経理は、常日頃から日本語が話せると言いふらしているのですが、本当は最初の10分間が関の山で、それ以降は完全に回路が切れて、何を聞いても分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more