テーマ:台湾人

第65回 中国展開と台湾人の活躍 その2

 日系企業が台湾で成功したのは、もちろん人件費の安さにあったのですが、それより重要なのは台湾人の日本人に対する憧れといいましょうか、対日感情の良さが多いに関係しておりました。韓国での日本企業がもうひとつうまくいかないのは、対日感情の悪さにも一因があるのではないでしょうか。日系企業で働く台湾人幹部はほとんどといっていいほど日本語が話せます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第64回 中国展開と台湾人の活躍 その1

 過去に日系企業が台湾に工場を設立したのは、台湾の人件費の安さがあったからなのですが、その台湾も飛躍的にコンピュータ部門で成長するや、いまでは日本を脅かす存在にまでなり、人件費も高騰し、台湾に工場を持つメリットが失われてきました。  そのため、今度は東南アジアに展開していくのですが、効率の悪さ、政治不安、労働者の質の問題など、それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第13回 台湾人幹部とカラオケ

 ところで、台湾人幹部にとって、仕事以外の楽しみといったら、ほんとうにカラオケしかありませんでした。この地区は工場群が延々と連なっており、工員すなわちワーカーを楽しませるためのディスコとか、ローラースケート場ぐらいしか娯楽施設はありません。私も一度だけワーカーの行くディスコやローラースケート場に行きましたが、そこはとても台湾人幹部などの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第12回 台湾人幹部とハン

 いつも感謝していることがひとつあります。それは、教え子であったハンがいなかったら、おそらく中国での会社勤めは長続きしなかったのではないでしょうか。ハンが日々の生活でいろいろとアドバイスをしてくれなかったら、早々にフィリピンに逃げ帰っていたと思います。すべてハンのお陰なのですが、そのハンは他の会社幹部の台湾人とまったくそりが合っておりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第10回 台湾企業の役職名

ここで簡単に台湾の会社の役職名について説明しておきましょう。  董事長(とうじちょう): 日本では会長、今流にいえばCEOかな。会社のオーナーであり、最高権力者であります。また、役職に董事が冠せられていると、取締役という意味であり、会社の出資者の一人であり、株を保有している役員を意味しております。  総経理(そうけいり): …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第9回 台湾人幹部宿舎

 部屋の中に入ると、本当に狭いと感じましたが、やけに天井だけが高く、コンクリートのむきだしのままでした。高さは4メートルはあるでしょうか。一方、幅は3メートルもないでしょう。奥行きは5メートルぐらいの部屋で、壁にぴったりと隙間もなく二段ベッドが置かれておりました。  大きな窓には分厚いカーテンが垂れ下がり、外から中が見えないように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第8回 工場に到着

 最初、深セン市内はかなりの車の渋滞でしたが、一旦高速道路に入ると、快調そのものでした。高速道路沿いは工場群の行列で、さまざまな工場が延々と連なっているのは、まさしくカルチャーショックそのものでした。開放された中国というイメージから、まだまだ遅れた中国を想像していたものですから、摩天楼のビル群といい、延々と連なる工場群といい、まさしく世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more