第113回 台湾人幹部の引き抜き その2

 台湾の親会社からこちら中国の工場に派遣されてくる台湾人幹部の任期は三年で、この製造責任者も三年の任期満了寸前になっていました。彼はこちらで結婚し、子供もできました。このまま台湾に帰るとなると、中国大陸の奥さんはいっしょに帰れません。  この当時はまだ、中国と台湾は政治的緊張が続いており、台湾人が中国大陸の女性と結婚した場合、奥さ…
トラックバック:13
コメント:5

続きを読むread more

第112回 台湾人幹部の引き抜き その1

 ポパイ総経理の時代になると、台湾人の訪問者が頻繁に来るようになりました。後で分かったのですが、彼らはかつては台湾の親会社でいっしょに働いていた同僚だったのです。現在は、台湾の親会社を退職して数名の出資者とともに中国大陸に会社を設立したのでした。もちろん彼らの得意な分野はプレス業ですから、私たちとは同業であり、競争相手でもありました。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第111回 ポパイ総経理の求人旅行 その4

 それからしばらくすると、かの地から10数名の若者がやって来ました。女性も数名おり、見たところなかなか頭のよさそうな若者ばかりでした。さすがポパイ総経理が直接行って選んだだけのことはあると思いました。  これら若者はだんだんと会社の仕事に慣れてきて、そしてある日のこと、次のように尋ねたのでした。  あのう、総経理の秘書はどち…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第110回 ポパイ総経理の求人旅行 その3

 さあ、注文がたくさんやって来ました。いまのワーカーの人数では足りません。特に、プレス工、金型工が必要になりました。そこでポパイ総経理の登場となります。求人旅行はポパイ総経理の楽しみであり、また特権でもあるのです。  毎日、生産報告を聞いて、不良が発生した、客先から文句が来た、董事長からしかられた、などといううんざりした日常生活か…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more