第112回 台湾人幹部の引き抜き その1

 ポパイ総経理の時代になると、台湾人の訪問者が頻繁に来るようになりました。後で分かったのですが、彼らはかつては台湾の親会社でいっしょに働いていた同僚だったのです。現在は、台湾の親会社を退職して数名の出資者とともに中国大陸に会社を設立したのでした。もちろん彼らの得意な分野はプレス業ですから、私たちとは同業であり、競争相手でもありました。

 表向きは、彼らは中国での会社設立の先輩である我々を表敬訪問に来たというのですが、実は工場生産に必要な管理者、ワーカーの物色に来たのでした。このころにはうちの会社は200人を超えるほどになっていましたので、いろんな技能工がおります。それを自前で育成するよりは、多少の割増賃金を払ってでも引き抜くほうが手っ取り早く、即戦力にすることができるのです。

 董事長、総経理に挨拶に来て、その夜は董事長のおごりで食事会となり、ハンと私もいっしょについて行きました。食事中は実になごやかで、お互いに台湾式乾杯をして、こちらもしこたま飲まされてしまいました。まるで仲のよい共同経営者のようでありました。ところが、裏では実に陰険な計画が進行していたのです。

 この新規参入者は、まず製造部の台湾人幹部に目をつけたのでした。我々の台湾人幹部の製造担当責任者は、うちの会社には珍しく、とても謙虚で労苦をいとわずに働くのでした。奥さんはこちら中国大陸の女性ですので、台湾に戻る必要もなく、自分自身も大陸で骨を埋めるほどの覚悟ができていました。

 部下の面倒見もよく、金型修理には重い金型を自分で持ち上げ、率先して修理の方法を教えるのでした。客先からの納期要求のためには徹夜をしてでも必ず納期に間に合わせてくれるし、本当にこの会社にあって、唯一信頼できる台湾人幹部で、営業としてはとても頼りになる製造部責任者でした。

 この彼を引き抜きにかかったのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • なぜFX投資が有利なのか

    Excerpt: 聞いてもらえますか?わたしがFX投資を選んでいる理由。わたしが尊敬する「為替王さん」のメルマガの一部です。 『以下引用』団塊世代が退職する時、「投資信託」はキーワードになると思います。おそらく、外国債.. Weblog: 緑の扉 racked: 2007-02-10 23:15