特別第2回 ライアンの誕生日パーティ  

 妻より電話がありました。8月30日はライアンの誕生日です。ライアンのいうのには、学校で誕生日パーティをしたいから、してもいいかとのことでした。

 フィリピンの誕生日は、本人がご馳走を作って、友人を招待し、みんなといっしょに祝います。招待されたほうは、それぞれ簡単なプレゼントを持って行くのが習慣ですので、クラスメートの誕生日に妻はいろいろと文房具とかTシャツなどを買って持たせるのです。

 クラスメートはみんなお金持ちですので、学校で誕生日パーティをする場合は自宅よりいっぱいご馳走を持ち込み、クラスメート全員でいっしょに食べて、誕生日を祝うのです。ライアンもそれをしてみたかったので、学校で誕生日パーティをしてもいいかと聞いてきました。予算は7千から8千ペソ(日本円約2万円から2万5千円)ぐらいかかるといってきましたので、ライアンには申し訳ないけれど、誕生日パーティは家でするように言いました。

 メイドの一ヶ月の給料が2,500ペソですので、8千ペソは3人分の給料になります。たった一日のパーティのための支出としては痛いので、家でするように言いました。家ですと、4千ペソもかからないと思います。妻の兄に料理してもらえば、もっと安くておいしい料理ができます。ライアンには申し訳ないけれど、妻にはそのように伝えました。

 妻より再び電話がありました。ライアンはそれでOKといっているから、大丈夫とのことでした。ちょっと、自分自身が情けなくなりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック