第38回 見積書の作成方法 その2

 製品の見積りは実は簡単なものなのです。必要なものは、材料費、一時間当りの生産量、プレス加工賃、二次加工費(メッキ、組立てなど)、梱包費、運送費、管理費、これらを総合計したものに利益をいくら上乗せすればいいかだけのことなのです。

 材料費の算出は、その材料の体積を計算し、それに比重を掛け合わせると、その製品の重さが出ます。それにその使われる材料価格を掛け合わせれば、材料費が出てきます。一個当りの材料費に、一時間当りにどのくらい生産できるかという単位時間生産量を掛け合わせたものを、1000個分で割ると、一時間1000個当りの材料費が出てきます。一個当たりの材料費で計算しますと、あまりにも単位が小さすぎますので、このように1000個すなち1K個が計算の基準単位になります。

 また、プレス加工費は、それぞれのプレス機のトン数の大きさによって、一時間あたりの賃率が違いますので、どの何トンプレスが使われるかを選定してプラスすればいいのです。我が社では30トンから250トンまでさまざまなプレス機があり、当然償却費や電力使用量が異なりますので、このように、プレス機ごとの賃率をプラスしてゆけば1000個当りの価格が出てくるのです。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

e-アフィリ
2006年05月24日 20:31
こんにちは、アフィリエイトサイトのe-アフィリと申します。
突然のメール失礼します。
ブログ拝見させていただいて内容・デザイン共に”見せるブログ”としてとても質の高いブログだと思いました。
是非、e-アフィリに参加して頂けないでしょうか?
登録はもちろん無料です。

《1クリック1円~・1登録1000円》

と幅広い報酬システムにて運営させて頂いております。
詳細などシステムはURL先で確認して頂けますので宜しくお願いします。
何かご質問等ありましたら、メールにてお気軽にお問い合わせ下さい。
ご参加、心よりお待ちしております。
既にご登録頂いてる方、または我社から同様の内容の書き込みをさせていただいたことがありましたらば誠に申し訳ありません。
e-アフィリ http://e-af.net/?ha

この記事へのトラックバック