第15回 コンピュータの購入

 早速、私はエクセルを使って見積書を作り直そうと思ったのですが、事務所には2台のコンピュータがあるにはあるのですが、一台は女の子が一日中何やら数字ばかりをインプットしており、またどんなバージョンなのか全然分からないコンピュータで、もう一台はこれよりはましなようなのですが、やはり旧式のコンピュータに変わりはなく、完全な中国語バージョンであるのと、やはりまた四六時中使われているので、私がゆっくり使うというわけにはいきませんでした。

 それで総経理に、日本のお客さんのためにも日本語版のコンピュータがいるので、購入してくれと頼みました。しかし、この当時コンピュータは大変高く、なかなか簡単にOKしてくれません。董事長の許可がもらえないというのです。しかたがないので、客先連絡には下手くそな字を書いて送るありさまでした。そうこうしているうちに、オーナーが来たので、直接コンピュータ購入の件を頼みますと、その場では返事をしなかったのですが、次の日にいいということになりました。これはありがたかった。すぐに購入のための申請書を書いて、購入価格を書き込みました。

 ところが、ここで問題がありました。ハードのコンピュータの許可は得たのですが、肝心の日本語のソフトの購入の許可はなかったのです。ソフトは海賊版を使えというわけです。というのも、ここ中国ではありとあらゆる海賊版のソフトが、それこそ信じられない値段で、しかもどこででも簡単に手に入りますので、日本語のソフトもそうやって手に入れろというわけです。

 しかし、あちこちの道端で売られているといっても、日本語のソフトはそう簡単に手に入りません。誰も必要としていないからです。どうしても日本から購入するしかないのです。これには困りました。私は何年も日本に戻っておりません。普通の日本人なら、年に数回は日本に里帰りするのですが、私の住みかはフィリピンですので、日本には全然戻っていないのです。ですから、日本にはゴロゴロとある日本語版ソフトも、中国かフィリピンでさがせとなると、これは大変むずかしくなります。コンピュータの予算は下りたけれど、肝心のソフトがなければ、ただの箱にしか過ぎません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック