第113回 台湾人幹部の引き抜き その2

 台湾の親会社からこちら中国の工場に派遣されてくる台湾人幹部の任期は三年で、この製造責任者も三年の任期満了寸前になっていました。彼はこちらで結婚し、子供もできました。このまま台湾に帰るとなると、中国大陸の奥さんはいっしょに帰れません。  この当時はまだ、中国と台湾は政治的緊張が続いており、台湾人が中国大陸の女性と結婚した場合、奥さ…
トラックバック:13
コメント:5

続きを読むread more

第112回 台湾人幹部の引き抜き その1

 ポパイ総経理の時代になると、台湾人の訪問者が頻繁に来るようになりました。後で分かったのですが、彼らはかつては台湾の親会社でいっしょに働いていた同僚だったのです。現在は、台湾の親会社を退職して数名の出資者とともに中国大陸に会社を設立したのでした。もちろん彼らの得意な分野はプレス業ですから、私たちとは同業であり、競争相手でもありました。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第111回 ポパイ総経理の求人旅行 その4

 それからしばらくすると、かの地から10数名の若者がやって来ました。女性も数名おり、見たところなかなか頭のよさそうな若者ばかりでした。さすがポパイ総経理が直接行って選んだだけのことはあると思いました。  これら若者はだんだんと会社の仕事に慣れてきて、そしてある日のこと、次のように尋ねたのでした。  あのう、総経理の秘書はどち…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第110回 ポパイ総経理の求人旅行 その3

 さあ、注文がたくさんやって来ました。いまのワーカーの人数では足りません。特に、プレス工、金型工が必要になりました。そこでポパイ総経理の登場となります。求人旅行はポパイ総経理の楽しみであり、また特権でもあるのです。  毎日、生産報告を聞いて、不良が発生した、客先から文句が来た、董事長からしかられた、などといううんざりした日常生活か…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第109回 ポパイ総経理の求人旅行 その2

 このように多くの若者が深セン地区に集まってくるのですが、彼らは深センの地での生活に慣れてくると、すこしでも給料のよい所へと流れてゆき、会社側としては使いづらい人材に映るのです。よく言えば、彼らは賢くなっているということであり、悪く言えばすれてきたということになります。  いつ辞めるかもしれないような不安定な人材は、プレス会社のよ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第108回 ポパイ総経理の求人旅行 その1

 今回より再び「台湾企業での体験記」を始めたいと思います。以下の状況は、私が1998年に初めて中国に来たときのことで、現在の中国の状況とはかなり変わっております。現在は格段に改善されており、いかに中国が進歩しているかを物語っております。  深センには近隣の多くの省から職を求めて、毎日何千何万となく人がやって来ます。その最初の地は広…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

特別第10回 サミュエルのハンサム

 妻よりこんな電話がありました。プリティーでセクシーなのは誰とサミュエルに聞いたところ、ママと答えました。  それではハンサムなのは誰と聞いたら、サミュエルと答えましたので、妻がパパと言ったら、パパはアグリーと答えました。  そこで妻がアグリーなのはサミュエルと言ったら、サミュエルはハンサムでグーと言いました。  ※普…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特別第8回 パパ、お金持ち?

 妻に電話をしたところ、ライアンが出てきました。そして突然、“Papa, Okanemochi?” 「パパ、お金持ち」と聞いてきたのです。パパはお金持ちじゃないと答えると、けらけら笑い出しました。“Okanemochi”の日本語が通用するか試してみたかったのでした。  フィリピンでは、ジャパユキ、シャチョウなどの日本語が広く知られ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

特別第7回 サミュエルの仮病   

 妻よりこんな電話がありました。サミュエルが転んで、打ち所が悪かったのか、歩けなくなった。一日様子を見てみたけれど、足が痛くて歩けない。妻も心配して、病院でレントゲンを撮って見てもらったほうがいいと判断し、病院へ連れて行くことになった。  歩けないため、おんぶして行くしかなかった。サミュエルも当時すでに5歳で、普通の子よりよく肥え…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

特別第6回 日本人はお金持ちじゃない  

 妻よりこんな電話がありました。ベアに大きくなったら、日本へ行って働くようにと言ったところ、ベアはどうして日本へ行くのと聞いたので、日本人はお金持ちだから、日本へ行って働くとお金がたくさんもらえると答えました。それに日本人と結婚もできると。  そうするとベアは言いました。日本人は全然お金持ちじゃない。パパを見たらわかるでしょう。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

特別第5回 パパはかくれちゃった  

 妻よりこんな電話がありました。妻がパパからの電話が全然ないと言ったら、ライアンが言いました。ママはいつもお金、お金と言うから、パパはかくれちゃったんだ。だから電話しないんだ。  それを聞いた妻は、ライアンに言いました。それじゃ、ライアンの学校のお昼のハンバーグ代もゲーム代もあげないからね。するとライアンは、すぐパパにお金を送るよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特別第4回 サミュエルの思いやり   

 妻よりこんな電話がありました。昨日の土曜日の夜、ライアン、ベア、サミュエルを連れてケンタッキーに食事に行ったのでした。フライドチキン、スパゲッティ、アイスクリームいろいろ注文。  妻は脂っこいので食べませんでした。それを見たサミュエルは、ママ、どうして食べないの。可哀想だから、ぼくのをあげるといって、自分のフライドチキン、スパゲ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特別第3回 ベアはプリティー   

 妻よりこんな電話がありました。ベアはとてもプリティー、こんな娘を持って幸せよ。  どうしたんだと聞くと、今日は学校でダンス発表会があるので、ベアにお化粧をしてドレスアップしたら、本当にプリティーだから電話をしたというわけ。  長い髪がとてもチャーミングで、しかもブロンド。どこから見ても、アメリカ人とのハーフとしか思えない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特別第2回 ライアンの誕生日パーティ  

 妻より電話がありました。8月30日はライアンの誕生日です。ライアンのいうのには、学校で誕生日パーティをしたいから、してもいいかとのことでした。  フィリピンの誕生日は、本人がご馳走を作って、友人を招待し、みんなといっしょに祝います。招待されたほうは、それぞれ簡単なプレゼントを持って行くのが習慣ですので、クラスメートの誕生日に妻は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特別第1回 妻よりの電話  We miss you!

 私は1998年から中国で働いております。もちろん単身赴任ですので、時には無性に寂しく、孤独感に陥ることがあります。そんなときに妻からの電話は何よりも心が慰められます。  妻は毎日といっていいほど電話をかけてきて、子供のことなどいろいろと話してくれます。一ヶ月の電話代はバカにはなりませんが、それを聞くのが楽しみでもあります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緊急第20回 アキレス腱断裂 結びの巻

 10月15日のアキレス腱断裂からようやく二ヶ月になりました。まだ傷口は完全には癒着をしておらず、依然としてお風呂に入るのは不便な状態が続いておりますが、何とか一人で正常な生活ができるまでに回復いたしました。これもひとえに多くの方々のお陰だと厚く感謝しております。この場をお借りいたしましてお礼を申し上げます。  今回の思わぬ出来事…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

緊急第19回 アキレス腱断裂 リハビリの巻 その8

 今回のアキレス腱断裂では、友人から「年寄りの冷や水、他山の石」と揶揄されている。年甲斐もなく張り切りすぎるから、そんなことになるのさ。年相応にしておれば、そんなことにもならなかったのに。確かにそうかもしれない。  自分にはアキレス腱断裂などはあり得ないと思っていたが、現実に起きてみると、自分もそろそろ年なのか、あまり無理もできな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緊急第18回 アキレス腱断裂 リハビリの巻 その7

 手術より六週目。傷口はほぼ癒着し、ガーゼは必要なし。腫れもどんどん引いており、足首をくるくる回しても痛みはなくなった。右足一本で立つこともできる。片足で立てるということは、手で壁とか机につかまり身体を支える必要がなく、いつでもどこでも靴をはいたり、ズボンを替えたり自由にできる。やっと当たり前のことが不自由なくできるようになった。 …
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

緊急第17回 アキレス腱断裂 リハビリの巻 その6

 手術より五週目。手術部の傷口は徐々に癒着しており、かさぶた状になってきた。傷口の周りが痒くなっており、どんどん回復していると思われる。軽くアルコール消毒をし、上からガーゼを当ててテープで留めるだけ。足の甲の表面には青い静脈も見られるようになった。  いよいよ松葉杖なしで一日を送ることにする。松葉杖があれば、どうしても頼ることにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more